読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

midoiroreefの日記

都内に住む元SE、30代主婦が書くブログです。IT、ネット関連、システム・サービス、趣味の写真、日常生活などを書きます。

裏方が好きです

人を引き出すこと・照らすこと・参加者の有意義になる時間を作ることが昔から好きです。

 

舞台で例えるなら、役者じゃなくて監督やプロデューサーやアシスタントでしょうか。
作品の前面に出て自身がコンテンツの魅力になるより、
各人の魅力を最大化・最適化して作品やチームがより良いものにするほうが私は得意だし性に合っています。

 

だからイベントのお手伝いは大好きです。
自社商品のPRイベント、結婚式の2次会、求職フェア、研究シンポジウム、OB会等、イベントの種類は様々でしたし、役割も受付、顧客対応、進行、会場設置、会計、撮影アシスタントなど様々。

 

全ては来てもらった人にとって、最高の時間になるように…!

これからも多くのイベントに立ち会えることを楽しみにしていきたいです。

広告を非表示にする

東南アジアに置いて行かれる日本

この記事を読んで久しぶりにざわっと来ました。

http://blog.btrax.com/jp/2015/05/18/asia-trip/

 

・東南アジアがなぜ優位なのか(東洋・西洋の良いところを受け入れ/前例少ない/若者多い/多様性)

・国内に留まることへの危機感

がわかる記事です。もう2年前になるので東南アジアは更に成長しています。

 

今回この記事で着目したのはここ。

------------------------

実は最も危ないのは、日本国内にいるとそれに気づくことが非常に困難であるという事。

------------------------

 

文中の“それ”とは、日本が置いていかれていることあたりを差します。そして日本国内にいると気づくのが困難というのは、主に旅行ベースですが、あちこち東南アジアを回った私の経験からも頷けます。

最初は2012年の上海・蘇州。立ち並ぶ高層ビルに眩い明かり、一等地をせわしなく移動するoffice worker、スタバとAppleストアの人だかり、観光客目当ての熱い商売人、一本路地にある昔の中国のイメージの生活感溢れる雰囲気…あちこちに熱気があり、今日よりも良い明日を掴もうとするエネルギーに心底驚いたのを今でもよく覚えています。それから会社からもらった1週間休暇は、その殆どを“充電”するためにアジアへ足を向けていました。

 

またシステム開発で中国のオフショア先のメンバーと仕事をしていたとき、彼らの優秀さ、根気強さ、素直さ、貪欲さに多くを学びました。オフショア先の社員はシステムだけでなく日本語や日本の仕事文化、会社文化も学び、発注側の日本側に合わせてもらってる方たちだったのですが、同じ仕事文化で日本語を話す日本人より一緒に働きやすい方も正直多くいました。

人口が10倍違うので、彼らと同じレベルの日本人は単純計算で10分の1の確率でしか会えないでしょう。そんなメンバーが常に“今の仕事を次のキャリアでどう活かせるか”、“今の仕事でどれだけ実績を出せるか”を考えながら目の前の仕事に取り組む。その熱量と、背景にある競争の激しさを肌で感じました。

 

話を戻します。

私が見たのは世界のほんの一部、しかも各社会の割とマジョリティがいる一部の世界に過ぎません。けれど日本が世界に、東南アジアに置いてけぼりされていることの危機感は肌で感じます。それは東南アジア各国の社会全体が底上げ上昇していること、そこで生きて働く人たちの競争があるからです。

 

運良く外を見れた私にも、まだできることがあるかもしれません。

薄紅色の季節

東京では桜の季節が終わろうとしています。

桜の華やかさ、儚さが心に沁みます。

こんなに多くの人に待たれて、愛されてる花はなかなかありませんね。

どうせ行くなら桜の季節という外国人観光客も増えているように思います。

 

今年も多くの方の心に素敵な花が咲きますように!

 

f:id:midoiroreef:20170415181839j:plain

広告を非表示にする

20170317

こんにちは。立て続けに出かけてます。

今日はこちらのイベントへ!

 

▼flowersbynaked

http://flowersbynaked.com

 

都会に最初技術と芸術で、一足早い桜の花を咲かせようというコンセプトのイベントでした。プロジェクションマッピング、ダンサーによるダンス、光と花の装飾に、音楽と香りの演出。360°どの角度から見ても楽しめるように作られていました!

 

↓お気に入りの一枚。会場のどこにあったでしょう?
f:id:midoiroreef:20170317184614j:image

 

よかった点

  1. プロジェクションマッピングが綺麗
  2. 香りの演出があるのが新鮮
  3. 桜のイメージを表現するダンサー

 

映像やインタラクションを使った空間演出の会社Nakedの製作ということで、プロジェクションマッピングがとても綺麗!一滴の水が落ちると、平面だったオブジェに水面の波紋が生まれます。その正体は光のドットの集まりなのにも関わらず、その色使い、動きの滑らかさが見る人の想像を引き立ててくれます。クリスマスのイルミネーションのように遠くから見るタイプではなく、観客と鑑賞物が近いのも特徴なので、そういった点で工夫が何かあったかもしれませんね。

香りもよかった。いい香り、という程度しか覚えていなくても、入った瞬間に“ここから先は空気が違う”と、入る人の気持ちをわくわくさせてくれます。

そしてダンサー。おそらくバレーやってる方なのでしょう、柔らかい動きに繊細な足の運びは、桜の花びらの儚さや風のそよぎを連想させてくれます。白いひらひらした衣装にライトが当たるのも会場との一体感につながってました。

 

もう一息ほしいところ

  1. 竹のオブジェの楽しみ方がわからなかった
  2.  2階席からの楽しみ方がわからなかった

 

一連の流れで見ていた印象だと、最初だすごい!→お花が動く春かな→たんぽぽ→氷だきれい→竹きっとすごい→桜という流れでした。全体的に冬から春に向けて季節が動いてるのかなと思ったとき、竹はどういうコンセプトで作られたエリアなのか、もうちょっと何かわかりやすい形で見せてほしかったです。とはいえ華道とコラボするという新しい切り口に取り組まれたことで、次回以降も期待したいと思います。

2階席は単に休憩スペースという意図でよかったのでしょうか…?まぁ望遠できるレンズを持っていたので、夜桜をイメージして写真を楽しませて頂きました。

 

色々書きましたが、今回のような光や技術を使った芸術が好きです。これからも注目していきたいです。

広告を非表示にする

20170316

今日は家。気づけば3月も半分です。

広告を非表示にする

20170315

こんにちは。だんだん3月らしい陽気になりましたね。

 

この日は人生初!プロレス観戦にカメラ仲間と行ってきました。観戦したのは日高郁人さんデビュー20周年を祝う日高祭!

 

▼日高祭!

http://hidakamatsuri20.wixsite.com/event

 

見どころは何と言っても日高選手の20人抜き試合!一人1分の試合を20人抜きするという持久戦企画ですが、その前の30分試合のダメージも蓄積して最後は立つのも限界。。技が決まりそうになると、痛そう!と思って見てる私の顔が歪んでしまうことも(>_<)

 

休憩時間に会場をぱしゃり。この後、会場が熱気に包まれます!


f:id:midoiroreef:20170317131630j:image

 

感想。

一言で言うと、異世界!!暗い会場、まばゆくライトで彩られたリング、腹の底に響く低温、観客の応援や野次が飛び交う中、会場の全員の視線がリング上のファイター達に注がれます。

鍛え上げた肉体の選手が繰り広げる技の数々も目を引きますが、叩かれて蹴られて意識が飛びそうな中、相手より先に攻撃の一手を繰り出す手数の数々。血を見て興奮はしませんでしたが、ふらふらな選手を見ると応援したくなるのは日本人の性なのかもしれません。

 

同じ仕事に20年向き合うことは山あり谷ありを超えてきて今があるということ、素晴らしいと私は思います。特にプロレスラーのお仕事の場合、打ち身や生傷が絶えないし、大怪我することだって隣り合わせです。20年続けられたことにお祝いとエールを送ります。

 

広告を非表示にする

文系出身でもエンジニアになれるの?文系・理系の境目について

こちらの記事を読んで。

www.nikkei.com

 

人間の特性を文系と理系の2種類にわけること自体がナンセンスであり、実社会にまったくそぐわない分類であろう。にもかかわらず、「自分は文系だ」と思い込んでしまったが故に、興味のあるエンジニアとしての職をあきらめてしまうのは、あまりにももったいない話だ。

これは私も自分のキャリアを振り返ってそう思います。

 

文系出身でもエンジニアになれるの?

私は大学を経済学部で卒業した後、新卒でシステム会社(SIer)にSEとして入社しました。成熟社会における持続的・継続的な成長はなんだろうという辺りをテーマに勉強している中、革新は技術発展から起きているということに興味を持ち、自分でも技術に関わりながら働くことに興味を持ったことがSEへの第一歩でした。

 

新人研修ではシステム基礎やJava習得もありました。残念ながら実務でプログラミングは殆どやりませんでしたが、ソースを読んだり修正する中である程度完成されたものを調べながら読めるまでにはなりました。またITの基礎知識がないことも最初は大きなコンプレックスで、筋トレをするような気持ちで勉強したことが足りなかった知識を補ったように感じます。大学を卒業した時点ではプログラミング経験なし、使うソフトといえばWordとPPTという程度でしたが、システム開発・保守の一連に携わりお仕事させていただきました。

 

だからこの記事を読んで頷けるんです。文系出身の人材が理系分野ができないわけではないと。もちろん足りないものは身につけることはありますが、適時適切に学べばできることもあります。なぜエンジニアになりたいか?どういう環境を選ぶのがベストか?というのは失敗談も含め思うこともありますが、職業としてエンジニア選ぶのも、今の日本の求人倍率を見れば新卒や第二新卒なら道があるように思います。

 

文系・理系の分類はなくならないが歩み寄るのではないか

これからビジネスで求められるのは、今までにはない新たな発想でアイデアやものづくりを行えるクリエイティブな能力だ。そこでは文系や理系で制限すること自体がまったく意味をなさなくなると思う。

 

もちろんGoogleの一流エンジニアやロケット開発の最先端を担いたいような方は、優先するスキルは別です。しかしそこまで専門的な分野を狙わない方は文系・理系のスキルや区別の差は確実になくなってくると思いますし、キャリアを重ねることで色んなものを吸収すればいいのではないでしょうか。

 

例えばパッケージシステムの開発・販売を例にします。パッケージシステムの開発・販売には

 

  • 想定顧客や想定課題の選定
  • マーケット分析
  • 開発機能の特定と価格設定
  • 開発
  • 販売資料作成
  • 販売
  • 導入

 

と、さっと挙げるだけでもこれだけのプロセスが必要です。一例なので過不足もありますし、細分化すればいくらでも出てきます。

もし企画・販売担当者とエンジニアが2人でこれを行うとしたらどうでしょうか。完全に分業するやり方もあると思いますが、エンジニアも他社パッケージの動向や価格を知っていたほうがより差別化したものを作れると思いませんか。企画・販売担当者もマーケティングや販売に特化するより、ある程度システムの中身まで知っていれば他社と違うウリが活きた言葉で伝えられると思いませんか。

 

技術の進化によってニーズや制約が生まれては消える時代だからこそ、最初はAの強みを持ってたけど、Aを活かしてBの経験を手に入れて、Bの経験からCに発展する・・というのがこれからも増えるでしょう。個人もマーケットのニーズにうまく対応できるようにありたいですね。